So-net無料ブログ作成
検索選択

「超スーパーヒーロー大戦」鑑賞 [映画]

久しぶりの休日がちょうど公開日だったので、「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」を鑑賞してきました。



なんというか、作品タイトルを「劇場版 仮面ライダーブレイヴ」に変えちゃった方が、いっそすっきりするくらい、飛彩先生が主役の作品でした。

もちろん永夢の出番が恐らくトップだとは思いますが、見せ場という意味では飛彩先生の方が圧倒的。

スーパー戦隊側の方は、主人公であるラッキーは序盤とラストに顔を出した程度で、概ね蚊帳の外といってもいいくらいの扱いであった点で、ストーリーにがっつり絡んだのはナーガだったのは、正直驚きました。

ちなみにジュウオウジャーからはアムが単独で参戦です。

エグゼイド側で一番好きな飛彩先生と、キュウレンジャー側で一番好きなナーガ、そしてジュウオウジャー側で一番好きなアムがメインどころだったのは、もはや俺得としか云いようがありませんでしたね(アムがメインと呼ぶのは微妙ですが……)

個人的な考えですが、この手の映画は本来の主人公は置いておいて、サブキャラが目一杯活躍するように製作したほうが良い様に感じました。

主人公は本編で放っておいても活躍できますからね、これがな。




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。