So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道日本ハムファイターズ、パリーグ優勝 [スポーツ]

久しぶりにスポーツのネタでも。

昨日、パリーグの優勝が決まりましたね。
昨年に続いて北海道日本ハムファイターズがシーズン優勝しました。
これはもう予想外の結果でした。
どう考えても連覇はないだろうと、開幕当初は予想していたのですが、あれよあれよという間に優勝ですよ。
まだまだ自分も修行が足りないようです。
セリーグの方は見事なまでに予想通りなんですけどね。
今のところは……

ちなみに、日本シリーズにはソフトバンクが勝ち上がると予想しております。
余談ですが、なんかシーズン優勝したチームが日本シリーズを争えない可能性があるというこのシステム、個人的には疑問が残ります。
まぁ盛り上がるといえば、盛り上がるのでしょうが、釈然としないというのが、鷹山の正直な感想であります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

ガソリン価格高騰 [日記・日常]

石油各社 ガソリンカードで利用者の囲い込み競争激化

最近値段が高いですよね、ガソリン。
最近というか、かなり以前からですけど。
今更話題にするのもナンセンスですけど、上のリンクの記事を読んだら、改めて高い事を再認識してしまいました。
クルマを走らせるのが好きな鷹山にとっては、かなり重要な問題。
しかも自分の相棒、燃費激悪だから……

消費者も大変ですが、ガソリンスタンドも大変ですよね。
とりあえず、ガソリンの2重課税を何とかしてくれれば、スタンド側も消費者側も、多少はマシに楽になるんでしょうけどね。
クルマ好きやクルマ業界には寒い時代だということでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Real Action」「Double-Action ~ Coffee form」 [音楽]

 

仮面ライダー電王の新CD「Real Action」「Double-Action ~ Coffee form」を購入しました。
購入したのは昨日ですけど、なんでも遅い当Blogにしては珍しくタイムリーな記事です。

 

「Real Action」の方は、新しいEDになるのでしょうか。
初めて聞いた時は、正直「Double-Action」の方が良いかな~と感じたのですが、回を重ねて聞いていく内に、これがなかなか良い曲であることに気づき始めました。
野上良太郎という青年が、モモタロスたちとの出会いや、イマジンとの戦いを通して、強く成長していく物語である「仮面ライダー電王」という作品の楽曲として、非常にマッチしたものであると感じました。
良太郎の成長の物語だという印象は、鷹山が勝手にそう感じているだけなので、オフィシャルものではありませんのであしからず。

「Double-Action ~ Coffee form」の方ですが、予想していたとはいえ、他の楽曲とのノリの違いにギャップを感じました。
全然曲調が違うのに、ちゃんとダブアクしている辺りは見事でした。
あと、お姉ちゃん(松本若菜さん)が普通に良い声しておりましたね。

 

予断ですが、仕事中に立ち寄ったスーパーの有線放送で、アクゼロが流されていました。
OPでもEDでもない特撮番組の楽曲が流れているのが以外でしたが、オリコン3位という記録を考えれば、なるほど納得でいる出来事でした。
CDで毎日聞いているのに、ついつい最後まで聞き入ってしまいました。

 

Real-Action

Real-Action

  • アーティスト: 佐藤健
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/09/26
  • メディア: CD

 

Double-Action Coffee form

Double-Action Coffee form

  • アーティスト: 松本若菜 秋山莉奈
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/09/26
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

仮面ライダー電王 vol2 [ドラマ]

 

「君、僕に釣られてみる?」

ってな訳で、「仮面ライダー電王」のDVD第2巻を購入いたしました。
第1巻を購入した時もそうでしたが、発売日当日に売り切れになっている店が多く、何店舗か梯子してやっと手に入れることが出来ました。
予約しておけばいいんでしょうけど、脚を使って捜し歩くのって、実は決して嫌いじゃないんですよね。
やっと見つけた時の嬉しさが、ひとしおですから。

このDVDには第5話「僕に釣られてみる?」第6話「サギ師の品格」第7話「ジェラシー・ボンバー」第8話「哀メロディー・愛メモリー」が収録されています。
5、6話はウラタロス登場編、7、8話は「ウラタロス活躍編」とでも呼称しましょうか。基本的にウラタロス一色の1本です。

DVD特典としては、お約束であるジャンクション集やデータファイル等の他に、本編未公開シーン(1~8話分)が収録されています。
今後はこれもお約束の特典になるのでしょうかね。

 

仮面ライダー電王 VOL.2

仮面ライダー電王 VOL.2

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/09/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

瞳に語るもの ~ song by 鉄乙女(青山ゆかり) [音楽]

最初に云っておく!
俺はか~な~り、侮っていた!!

侮っていたのは、こっちが悪かった。謝る。
鷹山も心ではそう思っているから。

 

なんていう電王ネタはともかくとして。

これは以前鷹山がハマッたゲーム「つよきす」のキャラクターソングの1枚です。
キャラクターに声を当てている声優さんが歌う歌が1曲とそのインストアメンタル版、ミニドラマが1作品に、声優さんのメッセージが収録されています。
正直、楽曲よりもミニドラマの方を目当てに買った1品です。

この「瞳に語るもの」。
買う前は単なるキャラクターソングと侮っていたのですが、これは普通に良い曲で、これまた歌っている青山ゆかりさんが普通に上手い!
褒め過ぎかもしれないが、普通にアルバム出してもアリなんじゃない、と思うほどです。

アクティブな乙女姉さんらしくアクティブな曲調かと思わせておいて、しっとりとしたバラード系のメロディーラインに、よい意味で期待を裏切られた感じでnice!
でもって、ラストの大どんでん返しが2重にnice!な良作ですね。

ドラマCDの方は「華麗なる手料理」。
乙女姉さんと云えば料理。料理と云えば乙女姉さん。これが鷹山の認識です。
大抵の人は料理=椰子、椰子=料理なんでしょうけどね。
日頃から料理下手を気にしていた乙女姉さんが、ある出来事からカレー作りに奮闘するというお話。
ま、乙女さんの料理ネタのオチは、いつものパターンなんですけど、これは予定調和という美学だと鷹山は考えますので、純粋に楽しめるドラマでした。

 

つよきす~Mighty Heart~オリジナルキャラクターソングシリーズ Vol.2

つよきす~Mighty Heart~オリジナルキャラクターソングシリーズ Vol.2

  • アーティスト: 青山ゆかり, 金田まひる, 北都南, 草柳順子, 野島健二, 間寺司, まきいづみ
  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/10/25
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ACTION-ZERO ~ アクションゼロ [音楽]

 

「仮面ライダー電王」のイメージ曲である「ACTION-ZERO」を購入しました。
毎度の如く、購入したのはかなり以前の話。まぁ発売日に購入しましたから、それほど前の話でもありませんが。
「ネタは小出しに」が鷹山クオリティでございます。

 

さて、この歌を歌っているのは桜井侑斗役の中村優一君と、デネブ(声)役の大塚芳忠氏の両名。
先に紹介した「ダブルアクション」の亜種とでも云いましょうかね。

個人的には、ダブアクよりもこちらのアクゼロの方が好きです。
詩のメッセージ色が強く、楽曲もハイテンポでノリが良いですし。カラオケに配信されたら、是非とも持ち歌にしたいですね(ちょっと調べましたが、まだ配信はされていないようです)。

前回放送分の電王のEDが、侑斗メインの回という事もあり、この曲に差し替えられていましたが、EDテーマとしてもいい感じでラストのバトルシーンにマッチしていましたね。
今後、侑斗メインの回にはこちらが流されるのでしょうか。1度きりというのは、泣けるでぇ!

この曲、オリコン3位だったみたいですね。
特撮番組系の楽曲としては、相当異例でしょう。最高位がどれ位かは知りませんが、1,2を争う位の順位だろう事は想像に難くはありません。
発売の時期などでかなり上下は左右されるという話を聞いた事もありますが、それであっても素晴らしい事ですね。

 

Action-ZERO

Action-ZERO

  • アーティスト: 大塚芳忠 中村優一, 中村優一, 大塚芳忠
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/09/05
  • メディア: CD

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DOUBLE-ACTION ~ ダブルアクション [音楽]

「仮面ライダー電王」のEDテーマ曲「DOUBLE-ACTION」を購入しました。
毎度の如く、購入したのはかなり以前の話ですけどね。
「ネタは小出しに」が鷹山クオリティでございます。

 

さて、この歌を歌っているのは主人公・野上良太郎役の佐藤健君と、モモタロス(声)役の関俊彦氏の両名。
出演者本人がメインテーマを担当するのって、ライダーシリーズでは久しぶりでしょうか。ちなみに挿入歌やキャラソンは除外して考えています。
「剣」や「カブト」は稀にしか見ていなかったので断言できませんが、遡れば「仮面ライダーBLACK」以来ですか。

歌い手にある程度の歌唱力さえあれば、出演者が楽曲も担当するのは嫌いじゃないです。むしろ好ましいと鷹山は考えます。
作品の世界観やキャラのイメージに合わせて作曲・作詞がなされているのでしょうから、それを作中に出演している人たちが歌うのが一番ピッタリだと思うからです。
通常のドラマなんかでは難しいかもしれませんが、こと特撮ヒーロー番組においては、もっとこういう試みを増やしてもいいと思うのですが。
もっとも、聞くに堪えない歌唱力では、さすがに困りますけどね。

 

Double-Action

Double-Action

  • アーティスト: 野上良太郎&モモタロス(佐藤健・関俊彦), 藤林聖子, LOVE+HATE
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/04/04
  • メディア: CD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ワイルドランナー」「ワイルドランナーX2」 [ドラマ]

暇を持て余していたので、DVDを借りてきた。
ドイツの人気TVドラマ「アウトバーンコップ」のスペシャル版である「ワイルドランナー」「ワイルドランナーX2」だ。

このドラマを一言で説明するならば、「マイアミバイス」と「西部警察」を足して2で割ったようなドラマである。
未見の方ならば、なんのこっちゃ?となるかもしれないが、実際に観た事のある方ならば、概ね納得して頂ける表現だと思われる。
もうちょっと説明を補足すると、高速機動隊の敏腕コンビであるゼミルとヤンが、様々な犯罪に立ち向かうという話(シリーズによってゼミルの相棒は変わるのだが、鷹山的にはヤンが一番好きだったりする)。

それはともかく、この作品。ちょっと発売の仕方が不自然である。
日本での発売は「“ワイルドランナー”→“ワイルドランナーX2”」の順番でなされているのだが、劇中の時系列で並べると「“ワイルドランナーX2”→“ワイルドランナー”」が正しいのである。
本国での放送順は当然きちんと時系列にそっているようなのだが、何故か日本の発売元はそれを入れ替えてしまったようだ。何故そうなったのか、ちょっと理解できなかったりする。

ただ時系列が入れ替わっているだけならば良いのだが、1点だけ致命的な違いが存在する。
時系列では後ろに位置するのに先に発売された“ワイルドランナー”では、ゼミルとヤンはすでにコンビを組んで活躍している。だが、時系列では前に位置しているにも関わらず後に発売された“ワイルドランナーX2”では、ゼミルとヤンはまだコンビを組んでいないのだ(つまりゼミルとヤンがコンビを組むに至るまでの事件を描いた作品)。
普通に1→X2と鑑賞したら、当然観ている人は???である。
何せ“ワイルドランナー”でコンビを組んでいた2人が、次の作品では途端に見ず知らずの関係になっているのだから(ゼミルに至っては、ヤンが犯人一味だと思っていた程)。

鷹山のようにTVシリーズ等の予備知識のある人間ならば混乱しないで鑑賞できるのだが、レンタルDVDショップなどで興味を持って見た人は、混乱する事請け合いである。
順番を入れ替えた意図がまったく理解できない。

ストーリーの中身も知らず、ドイツで人気のあるドラマだから、とりあえず適当に発売したら売れるだろう、なんてノリで発売したのだろうか?
それとも視聴者を混乱させて楽しむという確信犯的行動か?
はたまた契約などの関係上、止むを得ない処置だったのだろうか?
まぁ常識的に考えて、契約云々というのが一番現実的かつ納得できる理由なのでしょうけど、非常に不思議な話ではありますね。

 

そういえば、かつての人気海外TVドラマ「ナイトライダー」でも、同様の事がありましたな。
全4シリーズが、日本では“2→1→3→4”という順番で放送されてました。
マイナーチェンジされた状態のナイト2000が、途中で昔の型に戻り、またマイナーチェンジ後の型になったのは、微妙に???だったのを今でも憶えております。
2シリーズのみメカニック担当が違いますが、こちらは逆に日本放送順の方がすっきり感じますね。

ワイルド・ランナー

ワイルド・ランナー

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2007/02/02
  • メディア: DVD
 
 
ワイルド・ランナーX2

ワイルド・ランナーX2

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2007/05/03
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Rush hour3 ~ ラッシュアワーー3 [映画]

 

映画の鑑賞頻度が、徐々に全盛期のペースに戻りつつある鷹山であります。
またしても映画を鑑賞致しました。
今回鑑賞した作品は、ジャッキー=チェン、クリス=タッカー主演の「ラッシュアワー3」です。

「ジャッキー映画にハズレなし」という感覚を持っている鷹山にとっては安心して楽しめる映画です。

以下感想を、極力ネタバレにならないように書いていますが、それでも断片的にはネタバレになり得ますので、問題が有る場合は、これ以上先を読み進まない事をお勧めします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画