So-net無料ブログ作成

仮面ライダー THE NEXT [映画]

 

今回見てきた映画は「仮面ライダー THE NEXT」

前作「仮面ライダー THE FIRST」からおよそ2年。その続編作品であります。

 

主演は前作に引き続き、1号ライダー・本郷猛役に「クローズド・ノート」黄川田将也氏。2号ライダー・一文字隼人役に「ウルトラマンガイア」高野八誠氏です。

そういえば、高野氏は昨年結婚されて、お子さんも生まれたたそうですね。おめでとうございますです、はい。

 

 

それはさておき。

ストーリーは公式サイトで確認して頂くとして、鷹山の独断と偏見に満ちた感想です。

 

前作に比べると、かなり面白かったと思います。

少なくても、鷹山は好きな感じです。

釈然としない展開やツッコミどころは幾つかありましたが、石田未来嬢演じる菊間琴美という存在が上手く物語を誘導していたと感じました。

あまりストーリー描写に凝るよりも、オリジナルのテイストを残しつつ、新しいテイストを加味して物語を作り上げるべき作品だと思いますので、これは及第点の出来だと思います。

とはいえ、もう少し深く描写して欲しかった場面はあります。本編の核心部分なので詳しい事は書きませんが、そこが描かれていれば、かなり印象がUPしていただけに、ちょっと残念でした。

 

PG12指定の作品故に、怖いシーンや凄惨なシーンが盛り沢山でしたが、仮面ライダーという作品が持つ本来のイメージは、この恐ろしさと恐怖なんだという事を思い出しました。

鷹山も子どもの頃、普通に怖かったですもの、仮面ライダーのストーリー。ってか、ショッカーという秘密結社の事が。

それに比べると、やはり最近の仮面ライダー ―― ひいては特撮番組の敵役は、ある意味パンチ力不足なのかもしれませんね。

ショッカーが非道で凶悪な存在であったからこそ、それに立ち向かうWライダーは強い存在感を放っていたのだと思います。

作品全体におけるホラー色は、とても良かったですね。

 

ただ納得できないのが、エンディング後のおまけ(?)シーン。あれはちょっと蛇足だったと思います。

ホラー系作品のお約束かもしれませんが、今作に限って云えばクライマックスの感動を台無しにしただけのように感じられました。

正直、非常に残念でしたね。

 

TVシリーズの仮面ライダーも、このテイストに戻ってくれると面白いですね。

最近の仮面ライダーシリーズのノリは仮面ライダーでなくても成り立ちますが、仮面ライダーのダークヒーローという側面を考えれば、オリジナルのテイストこそが似合うと思うんです。

ま、現代では速攻で放送コードに引っ掛かるんでしょうけどね。世知辛い世の中であります。

 

真偽の程はわかりませんが、次回作も製作されるという噂も聞きましたので、今からちょっと楽しみだったりします。

 

公式サイト→http://www.maskedridernext.jp/

 

ちなみに、↓これ↓は前作のDVDです。

 

仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション

仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD

 

仮面ライダー THE FIRST

仮面ライダー THE FIRST

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

大台突破 [日記・日常]

ガソリン、150円突破濃厚=新日石、卸値6円アップへ-傘下給油所に値上げ指示

 

私の相棒はリッターで4~5km走行します。

こんなもんだと納得していますが、現行のクルマの平均燃費から考えたら相当な大喰らいです。

ガソリン価格高騰の昨今、周囲からはそんなクルマよく平気で乗ってるな、と呆れられます。

 

でもね。

平気じゃないんですよ、これが。

慢性金銭欠乏症の鷹山にとっては、まさに泣ける状態なんです。

己のエンゲル係数削ってガソリン代を捻出しているんです。

値下がりなんて贅沢は云わないので、そろそろ収まって欲しいとです、マジで。

 


高燃費のハイブリッドカーとは云わないまでも、普通のクルマに乗り換えれば、経済的にはかなり楽になるんでしょうけど、鷹山にはありえん話。

相棒は鷹山の唯一無二の親友です。

ガソリン代高騰を理由に、相棒を見捨てる事はできません。

人間に冷たいが、クルマに優しい鷹山クオリティであります。

逆さに振っても鼻血すら出なくなるまでは、このガソリン代高騰の現実と戦い続けるしかないようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

Rogue Assassin ~ ローグアサシン [映画]

 

いい具合に習慣になってきた映画鑑賞。
今回チョイスした映画は「ローグ・アサシン」
「キス・オブ・ザ・ドラゴン」ジェット・リーと、「トランスポーター」ジェイスン・ステイサムが共演したアクション映画。
ジェット好きの鷹山としては、外せない1作品です。

作品そのものよりも気になったのは、作中の妙な日本の描写でした。
これはこの作品に限った事ではありませんが、海外作品の日本の描写というのは、微妙に偏見が入っていて非常に面白い。
日本のヤクザは日本刀を装備しているとか、日本のシーンは何故か日本庭園だとか。
出演者が喋る微妙なアクセントの日本語とかも、文法が微妙でそれも興味深かったり。
なんか主演されている石橋凌氏の日本語を聞くと妙にホッとしたものです。

鷹山は結構ストーリーの展開を読むのが得意だったりしますが、今回は読みきれませんでした。
終わってみれば、なるほどというストーリーなのですが、よい意味で予想外の展開でした。
個人的には好きな感じの物語でしたね。
ただ、最後がスッキリしなかったのは残念でした。

ジェット主演という事でアクションは期待していたのですが、こちらは正直、期待ハズレでした。
ガンアクションあり、格闘アクションあり、チャンバラあり、カーアクションありと、かなり盛り沢山の内容だったのですが、反面1つ1つが淡白すぎて、期待していたものには程遠かったです。

好きか嫌いかで問われれば、好きなタイプの映画でした。
出演者も申し分なかったのですし。
ただ、あともう一息が足りなかったような気がしますね。

余談ですが、ジェットの日本語を何処かで聞いた事があると思い記憶を辿ってみると、10年余ほど前の作品「フィスト・オブ・レジェンド~怒りの鉄拳」で日本語喋っていた事を思い出しました。
興味がある方は見てみるのも一興かと存じます。
と、この作品でジェットと競演されている中山忍さんが密かに好きな鷹山が申しておりますです、はい。

 

フィスト・オブ・レジェンド

フィスト・オブ・レジェンド

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • 発売日: 2005/03/25
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

仮面ライダー電王 Vol3 [ドラマ]

 

「俺の強さにお前が泣いた」

ってな訳で、「仮面ライダー電王」のDVD第3巻を購入いたしました。
捜し歩いた前回に対し、今回は予約購入。予約すると値引きが結構大きかったので、こっちの方がお徳かと。
慢性金欠病なので、今後も予約購入する予定です。

このDVDには第9話「俺の強さにお前が泣いた」第10話「ハナに嵐の特異点」第11話「暴走・妄想・カスミ草」第12話「走れタロス!」が収録されています。
9,10話はキンタロス登場編、11,12話は「キンタロス活躍編」ですね。1巻がモモタロス一色、2巻がウラタロス一色だったのと同様に、今巻はキンタロス一色です。

前作同様DVD特典としては、お約束であるジャンクション集やデータファイル、本編未公開シーン(9~12話分)が収録されています。

 

仮面ライダー電王 VOL.3

仮面ライダー電王 VOL.3

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/10/21
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

セリーグ・クライマックスシリーズ [スポーツ]

今日は野球のお話です。

 

「俺に前フリはねぇ!」

なんてモモタロスの台詞がありましたが、今年から導入されたセリーグのクライマックスシリーズは、まさに前フリはなし!

でも、クライマックスはなかったですな……

ここまで盛り上がりに欠ける短期決戦というのも、逆に稀だと思いました(苦笑)。

 

勝負事ですから、結果が全てなんでしょうが、どうにも釈然としない結果です。

約140試合もペナントレースをやっておいて、それがその4%弱の試合数の優劣のみで覆ってしまうというのは、あまりにも切ない気がします。

優勝チームはペナントレースを制したチームが優勝という事で公式記録には残るそうですが、印象的にはやはり日本シリーズに進んだチームが優勝という感じになってしまいますよね。

 

ペナントレースで1位通過すればアドバンテージが発生するとはいえ、果たしてそれが優位に働いているかも少々疑問。

2位3位のチームと違い、1位通過のチームは、ペナントレース終了からクライマックスシリーズ本番まで、かなりの時間的空白が存在します。

その空白期間に実戦から離れてしまうのは、少なからずマイナスに働くのではないでしょうか。

紅白戦などで調整するにしても、やはり実戦とは違うでしょうからね。

反面、2位3位のチームは、第1ステージを勝ち抜いた上で1位チームと戦う訳ですから、勢いというのは比べるべきもないように感じますね。

 

野球は好きですが、特別贔屓にしているチームがある訳では鷹山にしてみれば、優勝が巨人だろうが中日だろうが阪神だろうが、そこにはあまり関心は無いのですが、逆にだからこそこのシステムの違和感を感じるのだと思います。

プレイオフ制度を否定する気はありませんが、もう少しシステムは検討すべきなのではないかと、改めて感じました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FANTASTIC4 ~ 銀河の危機 [映画]

 

前回の映画鑑賞はちょっとハズレだったので、今度こそは!と映画鑑賞に行ってきました。
今回チョイスした映画は「ファンタスティック4~銀河の危機」です。
前作は観に行く暇がなく、残念ながらレンタルDVDでの鑑賞となりましたが、今回はきっちり映画館に脚を運んだ次第です。

率直な感想ですが、アクションあり、スリルあり、笑いあり、涙ありと、様々な映画に含まれるであろう様々な要素が適度に詰め込まれており、とても面白かったです。
この手の映画は得てして重い展開になりがちですが、比較的気楽に見れる点は、この映画の長所だと思います。

逆に若干ストーリーの起伏が乏しかった気もしますが、そこは個人の感じ方でしょうか。
鷹山的には許容範囲でしたが、物足りないものを感じる方もいるかもしれませんね。

 

観た人にしか解らない話でしょうが、ラストシーンの舞台はどこの設定なのでしょうか?
アジアの何処かなのでしょうが、どうにも微妙……
日本のようにも見えますが、中国の何処かのようにも見えますし。
どちらにせよ、欧米から見たアジアのイメージって、ああいう感じなんでしょうね。
正解をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてくださいませ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

発売延期 [音楽]

鵜島仁文さんのNEW ALBUM「FIRE BIRD」の発売日が、12月上旬~中旬に延期となってしまった。

残念だが、是非も無い。
ワクワクしながら待てる時間が増えたと前向きに考え、発売日を待つことにしよう。

鷹山の経済状況的には、12月に伸びてくれたのは、ちょっと有難かったりするのは内緒である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リュウタロス・ダンサーズ [日記・日常]

先日の「仮面ライダー電王」に、久々にリュウタロス・ダンサーズが登場しましたね。
そのダンスを見ていたら、無性に踊りたくなったおっさんが一人。

思い立ったが吉日とばかりに、さっそく踊りに行ってきました。
か~な~り久しぶりである。

生来リズム感が欠落しており、身体も尋常ならざるほど硬い鷹山は、根本的にダンスには向かない人間です。
昔少し習っていた経験がある程度で、とても人様に披露できるようなダンスではない、いわゆるヘッポコ踊りなのですが、踊ること自体は決して嫌いじゃなかったりします。

で、久しぶりに踊ってみたら、身体が重いこと重いこと。
踊れる踊れない以前の問題でございました。
完全に運動不足!
そして加齢による体力低下!
寄る年波には勝てぬ、とは申しますが、やはり歳は考えて行動せねばならないようです。
こりゃ筋肉痛確実でござるよ。

膝を壊してからも、適度に運動は続けてきたつもりでしたが、本当に“つもり”でしかなかったようです。
ちょっと真剣にトレーニングを再開した方が良いかもしれないと痛感した鷹山でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

王座防衛戦 [スポーツ]

話題沸騰だった内藤選手VS亀田大選手の試合ですが、何か試合後も色々と物議を醸しているようですね。
ボクシングには興味がないので、試合にも結果にも関心は無いのですが、世間で騒がれているので、ちとBlogを書いてみようと思います。

試合全ラウンドを通して見た訳ではないので、あまり無責任な事も書けないのですが、スポーツニュースなどでダイジェスト映像などを見た範囲で云わせて頂くと、ちょっと酷い試合でしたね。

結果がどうあれ亀田選手には、正々堂々と戦って欲しかったです。
それで結果が変わっていたとは思いませんが、リングの上で真摯に戦っていれは、試合後のこの騒動には至らなかったのではないでしょうか。
まぁ、公の前でビックマウスを披露した手前、周囲からあれこれ云われたでしょうけど、それは因果応報という奴ですから、詮無きことです。

リングの上では正々堂々と戦わないと、それはスポーツじゃないですね。
ボクシングが激しいスポーツであるからこそ、逆にルールというのは大切なんだと思います(他のスポーツのルールは大事じゃないという意味ではありませんので、あしからず)。
ボクシングからルールを取ったら、単なる殴り合いでしかないですからね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

変更 [音楽]

先日のBlog記事において、周杰倫(ジェイ・チョウ)のNEW ALBUMが10月23日に発売されると書いたのだが...

どうやら11月9日発売に変更となったようです。

ジェイのALBUMまでもが11月に発売とは、これはますます熱い11月になりそう♪

 

ちなみに国内版は少し遅れて、11月21日の発売のようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽