So-net無料ブログ作成
検索選択

2007年終了! でも、特に云う事はない!! [日記・日常]

「最初に云っておく!

特に云う事はない!!」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暇人は暇人なりに多忙な師走 [日記・日常]

う~ん、今月に入ってから、Blogの更新頻度が激減した気がする今日この頃であります。

師走の例に漏れず、鷹山も暇人は暇人なりに忙しい日々を過ごしておりまして、記事を書く暇がございません。

ま、言い訳なんですけどね。

ネットの場末にある小さなBlogとはいえ、出来る限り更新は続けたいので、何とか頑張って更新するようにしたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懲戒免職は重すぎる? 否!妥当でしょう [NEWS・報道関係]

最初に云っておく!

今日は、かなりまじめな話である!!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

仮面ライダー電王Vol.5 [特撮]

 

 

「最初に言っておく!」

 

前巻が出たばかりのような気がしますが、毎月恒例となりました「仮面ライダー電王」のDVD。

今回は第5巻であります。

あまり早く発売されちゃうと、次の第6巻までの空白期間が長くなっちゃうんで、ちょっと寂しいんですよね。正月を挟むから、その辺の関係なんでしょうけど。

 

この巻から、電王における2号ライダー“ゼロノス”こと櫻井侑斗と、その相方イマジン“デネブ”が登場。

これでメインキャラクターが全員で揃った訳ですが、番組開始より早5ヶ月が経過している訳で、冷静に考えると、なかなかスローペースな物語進行ですな。

面白いから良いんですけどね。

 

今回からは、収録されている各話毎の簡単な感想らしきものも書いて行こうかと思います。

 

第17話「あの人は今!も過去?」

今までも過去の時代でちょこちょこ登場していた謎の人物と、良太郎が初めてエンカウントするお話。

普通に時代錯誤な格好していますが、あれには何か意味があるのでしょうか?

ゲストは満島ひかりさん。特撮ファンなら「ウルトラマンマックス」のエリー役で御馴染みです。

イマジンのCVは檜山修之さん。

 

第18話「時計じかけの婚約者」

今まで語られる事がなかった野上姉弟の過去が語られる回。

電王にしては珍しく、割とシリアスな展開。

後半に向けての一種の鍵となる重要なお話です。

タロスズの色が割とハッキリと出た良作だと思います。

 

第19話「その男、ゼロのスタート」

前話ラストでちょろりと顔を見せたゼロノスこと櫻井侑斗(便宜上、若い方を“侑斗”、謎の人物の方を“櫻井”と呼称します)が本格的に登場。

クールなキャラクターで登場しておいて、その数秒後にはイメージぶち壊しになる辺りが、明らかに電王クォリティー。

侑斗と櫻井に関わる話が大半を占めるため、イマジンの契約云々の話が中途半端だった感は否めませんね。

敵イマジンの悪辣さのインパクトは抜群でしたけど。

 

第20話「最初に言っておく」

ゼロノス・アルタイル&ベガフォームが初登場。

見所は侑斗とデネブの漫才です(言い切った!)。

戦闘中に互いに正座して会話するなんてシーン、初めて見ましたよ。

 

なかなか内容盛りだくさんだった第5巻。

今にして思えば、ターニングポイントとなる話が集まっている時期だったようです。

恒例だった“15分1本勝負”が無かったのは非常に残念です。密かにあれが楽しみだったんですが。まぁ次回に期待という事で。

次の巻には、ジークも登場して劇場版とのリンク編に突入。

さらには初回製造特典として、全巻対応収納ボックスもついてくる豪華さです。

劇場版のDVDも同時発売ですし、今から発売が楽しみであります。

 

仮面ライダー電王 VOL.5

仮面ライダー電王 VOL.5

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/12/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「新機動戦記ガンダムW~Endless Waltz」上下巻購入 [書籍・雑誌]

 

小説版「新機動戦記ガンダムW~Endless Waltz」

ふと店頭で見掛けて衝動買いしてしまいました。

TVシリーズの直接の続編を描いた当作品。

OVA及び劇場版で御馴染みですが、それの小説版ですね。

 

ぶっちゃけ「Endless Waltz」そのものは決して長い物語ではなく、小説にしても上下巻に分けるほどの内容だとは思えなかったのですが、読んでみてなるほど納得でした。

「Endless Waltz」本編に、既刊の作品「EPISODE-ZERO」「Blind-Target」のストーリーを加味した物になっていました(「Blind-Target」に関しては、軽く話題に上る程度の扱いですが)。

初めからそれぞれ分けて発行してもよさそうなものですが、わざわざ仕切りなおして読む必要もないですから、なかなか上手い書き方だったと思います。

ちなみに「EPISODE-ZERO」とは、5人のガンダムパイロットと、ゼクス&リリーナの過去(Operation-Meteo以前)のストーリーをコミック化した作品。「Blind-Target」の方は、TVシリーズ本編と「Endless Waltz」を繋ぐ作品であります。

 

TVシリーズを未見なら、いきなり読んでもチンプンカンプンな小説でしょうね。

完全に作品のファンに照準を合わせた、なんとも間口が限定された小説です。

ま、当たり前の話なんですけどね。

アニメ版「Endless Waltz」をすでに観られた方も、この小説を読んでみる価値は大いにあると思います。

登場人物の心情や裏設定がきちんと補完されていますので、アニメでは尺の関係上、少々唐突な展開に感じたシーンでも、なるほど納得の展開となっています。

「Endless Waltz」を根っこから楽しみたい方にお勧めです。

逆にアニメ版を未見の方は、まずはアニメ版を見てからの方が面白く読めると思いますよ。

 

ちなみに、この小説は先に出版されている小説に加筆・修正をして再出版したもののようです。

う~ん、こんな面白い小説が出版されていた事を知らなんだとは、うかつな話でござった。

 

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz (上) (角川スニーカー文庫 0-71)

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz (上) (角川スニーカー文庫 0-71)

  • 作者: 矢立 肇, 富野 由悠季, 隅沢 克之
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 文庫

 

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz (下) (角川スニーカー文庫 0-72)

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz (下) (角川スニーカー文庫 0-72)

  • 作者: 矢立 肇, 富野 由悠季, 隅沢 克之
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 文庫

新機動戦記ガンダムW BLIND TARGET 新装版 (ノーラコミックス)

新機動戦記ガンダムW BLIND TARGET 新装版 (ノーラコミックス)

  • 作者: あさぎ 桜, 面出 明美
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: コミック

新機動戦記ガンダムW EPISODE ZERO 新装版 (ノーラコミックス)

新機動戦記ガンダムW EPISODE ZERO 新装版 (ノーラコミックス)

  • 作者: かんべ あきら, 隅沢 克之
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仮面ライダー電王スペシャルトークショー [特撮]

最初に云っておく!

かーなーり、面白かった!!

 

劇場版「仮面ライダー電王~俺、誕生!」の公開に先駆けて開催されたファンイベント「仮面ライダー電王スペシャルトークショー~イマジン大集合!クライマックスだぜー!!」のDVDです。

正直なところ、あくまでもコレクターズアイテムの1つとして購入したのですが、鑑賞してみると、これがなかなかどうして非常に面白かった。

久しぶりに大笑いさせて頂きましたよ。

 

これは完全に大人向けのイベント、そしてDVDですね。

ちびっこが観ても、はっきりいって面白くないでしょう。

変に意識して、逆に中途半端な作りにするくらいなら、これくらい割り切って企画した方が良いのかもしれませんね。

開演時間も遅かったようですし(出演者の発言から推測。実際の時間は知りません)。

 

モモタロス役の関俊彦さんのご尊顔を拝見したのは、かれこれ20年振りくらいでしょうか。

関さんの出世作とも呼べる「赤い光弾ジリオン」が大好きで、当時のアニメ雑誌のインタビュー記事か何かで拝見して以来。

全然変わってなくて嬉しかった(当たり前と云えば当たり前だが)。

 

スーツアクターさんのトークショー企画など、そうそう観れないので、そちらの企画も面白かったです。

電王に参加されている方の中、鷹山的に思い入れの強いスーツアクターさんと云えば、やはり岡元次郎さんですね。

「仮面ライダーブラック」「超光戦士シャンゼリオン」など、思い浮かぶヒーローを上げたら推挙に暇がありません。

 

これは完全に大人のファン向けのDVD。

お子さんと一緒に楽しもうと購入するものではないですね。

逆にコアな電王ファンの方には、かーなーりお勧めできる作品です。

 

仮面ライダー電王 スペシャルトークショー ~イマジン大集合! クライマックスだー!!~

仮面ライダー電王 スペシャルトークショー ~イマジン大集合! クライマックスだー!!~

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

鹿島アントラーズ優勝!! [スポーツ]

横浜FC様、どうもありがとうございました♪

 

2007年のJリーグは、まさかまさかの逆転優勝で、鹿島アントラーズが優勝しましたね。

シーズン開始当初は、どうなることかと思いましたが、終わってみれば、なんとも劇的な幕切れでございました。

 

何を隠そう、鷹山はJリーグ発足時からの鹿島ファンでして。

ここ数年、タイトルとは無縁のシーズンが続いておりましたが、いやはや数年ぶりのタイトル獲得はうれしゅうございますね♪

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ