So-net無料ブログ作成
検索選択

悪くない数字だとは思うのだが…… [ドラマ]


「結果が全てだ」
(キョウスケ・ナンブ/「スーパーロボット大戦OGS」より)




月9史上最低更新 剛力彩芽主演「ビブリア古書堂の…」 最終回8・1%(Yahoo!ニュースより)



何話か見る機会がありましたが、もはや「ビブリア」ではなく、ストーリーが同じだけの、まるっきり別な作品のドラマを見ているような、そんな錯覚に陥ったものです。

もしも原作を知らずにこのドラマを見ていたのなら、それなりに楽しんで観たかもしれませんが、やはり原作の雰囲気が気に入っている鷹山にとっては、ちょっと残念なドラマでしたね。

でも今日日、平均視聴率が10%を超えているというのは、なかなかどうして、悪くない数字だと思うんですけどね。

「月9」という看板があると、やはりそうもいかないのでしょうか。



原作と雰囲気が違うというのは、誰が見ても明らかでしょうが、ドラマとしてそれが是か非かというと、ちょっと判断が難しい気がします。

原作に忠実に作ろうが、何かしらの改変をしようが、要は面白ければいい訳ですからね。

要は結果がすべて。

ちょっと穿った云い方をすれば「数字がすべて」と云ったところでしょうか。

原作に忠実に作っても、単なる原作の焼き直しに終わってしまってはあまり意味がない。

だが、改変し過ぎたり、イメージからかけ離れたキャスティングをしても受け入れられ難い。

ところが逆に原作のイメージとは違う役者をキャスティングして、意外と人気を博する場合もありますから、何がどう転ぶかは蓋を開けてみたいとわからない。

そこで個人的に思い出されるのは、ドラマ版の「GTO」。

原作の鬼塚と、演じた反町隆史氏のイメージが、かーなーり違っていますからね(むしろリメイク版の主演の人の方がイメージに近いかな。ってか、「ビブリア」で五浦を演じてた人でしたよね、たしか)。

けど、結果を見れば、平均視聴率は20%越えという結果で、スペシャルや劇場版まで制作されるほど。

だからといって、原作のファンに受け入れられたかどうかは分からないし、それはそれでまた別の話ですし……

なんにせよ、原作ありの作品を映像化するというのは、かくも難しいということでしょうね、これがな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

繁忙期 [日記・日常]


現在、絶賛繁忙期真っ只中の鷹山でございます。

毎年の事なれど、この時期は本当に辛い。

このご時勢に忙しいのは非常に有難い事だとは重々思うのですが、思考と感情はまた別でして。

こうやって仕事の合間にBlogを更新して、現実逃避してしまう程度には嫌なものなのです。

休みなく働いているせいで、今は正真正銘、Blogのねたになるような話題がない。

春になれば大分落ち着くのだが、春はまだ遠そうだ、これがな……

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感