So-net無料ブログ作成
検索選択

PS3「仮面ライダー バトライド・ウォー」 [ゲーム]


130528.jpg




鷹山のPS3購入の切っ掛けとなった「仮面ライダー バトライド・ウォー」を予定通り購入し、現在コツコツとプレイ中。

まだクリアには至っていないのですが、今のところの感想を簡単に書いておきたいと思います。



ぶっちゃけゲームとしては、ちょっと残念な出来としか云いようがない作品ではあります。

マップのレパートリーは少ないし、ミッションも少ない上にどれも似たり寄ったりだし、内容面でこのゲームを誉めるのは正直難しいレベルの出来だと思います。

挙句にロード時間は長いし、処理オチは酷いし……

細かい点でイラッとする事もしばしば。

だが、駄目駄目なゲームなのかと問われれば……

否!と答えざるを得ないですね、これがな。

とにかくライダーの造り込みが半端ない。

原作に忠実な上に、芸も細かく、ライダー好きなら納得の出来です。

例えばウイザードなど、魔法を使うたびに指輪を交換するモーションが入るので、何気に戦闘のテンポが悪くなる。

これが普通のゲームならイライラする点なのだろうが、ことこのゲームに関して云えば、むしろ「これで(これが)いい!」である。

完全に雰囲気重視といった作り。

こういった細かいこだわりが、各ライダー盛りだくさんなので、とにかくプレイしていて楽しいのです。

完全にライダーファンに向けて作られた、ライダーファンのためのゲームですね。

無双系の延長線上だと思って下手に手を出すと、逆に後悔するでしょうね。

なにせ、ゲームとして純粋に見た場合、それこそPS2でプレイした「真三国無双4」の方が良いのでは?と思えるほどですので……

ちなみに鷹山がメインで使っているのは「クウガ」。

歴代の中で1番好きなライダーですから、鷹山的には当然な話。

ただ単にクリアするだけなら、マイティフォーム1本で十分なのですが(むしろマイティだけの方が良い)、自分なりに状況に合わせてフォームチェンジをしてプレイしています。

つーかそれが楽しいのです。

一通りクウガでクリアしたら、次は電王かファイズでプレイしてみようと思います。



余談ですが。

クウガがマイティキックを放つ前の予備動作――両手を八の字に広げて腰を落とすポーズ――や、キック時の着地のポーズが忠実に再現されているので、あのポーズが大好きな鷹山はすごく嬉しかったです。


仮面ライダー バトライド・ウォー プレミアムTVサウンドエディション

仮面ライダー バトライド・ウォー プレミアムTVサウンドエディション

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「スーパーヒーロー大戦Z」感想 [映画]

IMG.jpg


今日は久しぶりに「映画」の感想。



「スーパーヒーロー大戦Z」



なお、例のように例の如く、一部ネタバレに近い事が書いてある場合もありますので、読まれる際は予めご了承くださいませ。

またこれも毎度の事ですが、あくまでも鷹山の主観による感想ですので、こちらも予めご了承ください。



何がいったい「Z」なのか分からないが、そういうタイトルなのだから是非もなし。

それはともかく。

二番煎じの宿命か、少々インパクトに欠けた感はあったと思います。

こういうお祭系の作品は、割とインパクトが大事というか。

ギャバンとのコラボも、これが初ならともかく、すでにゴーカイジャーとクロスオーバーした後ですから、そういう意味でも、パンチ力不足だったかと。



ストーリーの方は、こちらもちょっと残念な印象が強かったです。

今回は無理矢理ヒーロー同士を戦わせる必要がなかった気がします。

その動機付けが強引と云うか、雑と云うか。

ギャバンがウイザードを倒そうとする理由が「魔法が暴走して宇宙がピンチ → 魔法と云えばウイザードとビースト → きっとその2人が原因だ → なら2人を倒せばいいんじゃね?」である(ちなみにマジレンジャーはスルーされていた……)。

……何、この場当たり的な理屈。

宇宙裁判所なるものがあるのなら、ウイザードとビーストは宇宙警察を訴えていいレベルだと思う。

終いには「地球で幻夢城が復活しそう → 地球ごと葬ればいいんじゃね?」と来た日には、劇場で呆然としてしまった。

完全に誰が真の悪役かが分からんレベルでした。

もはや悪巧みとはいえ、コツコツと準備していた敵側の方が立派である。

次作があるなら、宇宙警察を敵にしてもいい気がする、本気で(それはギャバンVSゴーカイでやったか?)。

そもそもタイトルに「VS」の文字すらないのだから、無理に敵対させなくてもいいと感じた今日この頃である。



戦隊の「VSシリーズ」と違って、こういうお祭系のクロスオーバー作品は、たまにやるからこそ価値があるんだなぁと痛感した映画でした。

毎年やるもんじゃないですね、これがな。

次にやるとしたら、冗談抜きにプリキュア辺りとクロスオーバーしないと、インパクト的に厳しい気がします。

しばらくはこのクロスオーバー系の作品は避けた方がいいように思えた映画でした。





余談ですが。

幻夢城破壊のために、地球ごと超次元砲(って名前でよかったかな?)で吹き飛ばそうとしたのが、烈だったのが異様なまでに違和感がありました(ウイザードを倒す指令も含めて)。

いくら苦渋の決断だと強調されても、違和感どころか不自然でさえありました。

これがコム長官の役どころならば、まぁ納得できたのですが。

ここからは鷹山の完全な想像なのですが――

やはりコム長官役の西沢利明氏が亡くなったのが一因なのかな、と。

コム長官ほどのキャラとなると別キャストを立てる訳にもいかずに、玉突き的にその役回りが烈に回ってきたんじゃなかろうかと推察。

実際、「コム長官が苦渋の決断をする → 烈が説得して1時間の時間を稼ぐ」という流れの方が、烈のイメージ的には自然だったと思うし。

そもそも烈が長官という事自体に違和感バリバリですからね、これがな。

まぁそうすると、シャリバンの存在がイマイチ空気になってしまうので、それはそれで難ありなのかもしれませんが(撃がシャリバンに熱く語って、シャリバンが時間を稼ぐというのも、あれはあれで良いシーンでしたしね)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

早いか遅いかの違い [ゲーム]


近々、プレイステーション3を購入しよう企んでいる鷹山でございます。

今まではハードを買ってまでプレイしたいPS3用ソフトがなかったので、購入意欲もほとんど湧きませんでした。

ですが、今月下旬に発売予定の仮面ライダー ~ バトライド・ウォーが、なかなかどうして面白そうな感じがして、見事に釣られて購入を決意。

で、いつ頃購入しようかと考えているのが今の状態なのです。

まぁ「バトライド・ウォー」と一緒に買えばいいだけの話なのですが、せっかく今はゴールデンウィークの真っ只中(今年は暦通りに休める予定)。

どうせ連休中は引きこもって、ダラダラゴロゴロして過ごすのですから、一足先にPS3と適当なゲームでも買えば、ちょうど良い暇潰しになるなぁ、と。

ちょっと既発のゲームを調べてみたところ、「真三国無双7」「第2次スーパーロボット大戦OG」「戦場のヴァルキュリア」辺りが気になりました。

「真三国無双7」の無双アクションでスカッとしたいところですが、これは発売して間もないのでまだ値段が高いでしょう。

ここは、中古価格も下がっているであろう「第2次スーパーロボット大戦OG」か「戦場のヴァルキュリア」が妥当でしょうか。

無理にPS3とゲームを購入しなくても、連休中に退屈を凌げるゲームは他にもあるので、もう少し吟味してみようと思います。

ま、いずれにせよ購入はするので、それが遅いか早いかの話でしかないんですけどね、これがな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム