So-net無料ブログ作成
検索選択

「アイドルマスター プラチナスターズ」購入 [ゲーム]

20160802.jpg


「ひとっ走り、付き合ってやる!」

(泊進之介/「仮面ライダー4号」より)




「アイドルマスター プラチナスターズ」を購入しました。



「アイマス OFA」に続いて購入した訳ですが……



「隣に…」が無い、だと!!!???



使用楽曲の中に、鷹山の1番のお気に入りである「隣に…」がないという事実に、しょっぱなから出鼻を挫かれた鷹山です。

曲として好きという以上に「隣に…」は鷹山にとって大切な曲。

前作「OFA」では、ランクアップフェスにおいて、必ず3曲目に設定していた曲で、数々の絶体絶命の局面で、軌跡の逆転勝利を演出してきたという最終兵器的な曲でした。

その曲が使えないだと!?

なんか鷹山のテンション、ストップ安です。



それはさておき、ゲームとしての感想。

今回はアイドルたちと合宿をするという設定。

いや何年合宿してんだよ、この人たち……

もはや合宿じゃなく、ルームシェアしての生活でしかない。

いや、野暮な突っ込みでござった。



リズムゲームとしての側面だが、前回のBlogで紹介した「P4D」に近い感じのシステムで、「P4U」を先にプレイしていたのが、逆に功を奏したと云えなくもありません。

が、思い出アピールやバーストアピールが自分のタイミングで発生させられないというのはいただけない。

云ってしまえば、戦略性がまったくなく、それはすなわちゲーム性が低くなったといえると思います。

まぁリズムゲームが苦手な鷹山としては楽といえば楽なんですが、ちょっと物足りないという気持ちも少なくありません。



まだまだ序盤ですが、いわゆる“ゲーム”という要素はちょっと低くなったように感じました。

ハードの違いから、画像は滅茶苦茶綺麗になりましたので、その辺をプラマイゼロと考えるかどうかは難しいところです。

なんかPドロップなど、前作以上に課金を強要されているような感じですし。

今のところ、ゲームとしては前作の方が面白かったように感じます。

「隣に…」は使えないし。

まぁ今後、DLCで追加される可能性もありますから、それを期待して待つとします。

楽曲にまで課金するのは少々気が引けますが、そこは釣られてやるとしましょう。

まさに「ひとっ走り(課金に)、付き合ってやる!」といったところです。



ま、今日はそんな感じ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム