So-net無料ブログ作成
検索選択

「ダンジョントラベラーズ2-2」プレイ開始 [ゲーム]

20170504.jpg



先だって購入しておいた「ダンジョントラベラーズ2-2」をプレイ開始。

まだ風の塔クリアまでしか進んでいませんが、今のところ討伐隊メンバーの参入順が、概ね前作の逆になっているような感じなのは、個人的には好印象。

それはつまり、前作では参入が終盤(あれはホント終盤なのか?)というメフメラとユーニが、序盤からパーティーに組み込めるという事で。

メフメラとユーニが大好きな鷹山的には願ったり叶ったりな展開!

まさに俺得です!!

ユーニを仲間にし、次はメフメラだと意気込んだものの、どうやらその前に他の討伐隊メンバーを助けてからな展開に、ちょっとガッカリ……

微妙にテンションが下がって、プレイ中断……

明日は仕事も休みなので、朝から仕切りなおしてプレイしようと思います。



ちなみに「ダントラ2-2」の購入は、ユーニのタペストリー欲しさに、わざわざ札幌まで行って、とらのあなで買って来た鷹山であります。




ダンジョントラベラーズ 2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 通常版 - PS Vita

ダンジョントラベラーズ 2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 通常版 - PS Vita

  • 出版社/メーカー: アクアプラス
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「アイドルマスター プラチナスターズ」購入 [ゲーム]

20160802.jpg


「ひとっ走り、付き合ってやる!」

(泊進之介/「仮面ライダー4号」より)




「アイドルマスター プラチナスターズ」を購入しました。



「アイマス OFA」に続いて購入した訳ですが……



「隣に…」が無い、だと!!!???



使用楽曲の中に、鷹山の1番のお気に入りである「隣に…」がないという事実に、しょっぱなから出鼻を挫かれた鷹山です。

曲として好きという以上に「隣に…」は鷹山にとって大切な曲。

前作「OFA」では、ランクアップフェスにおいて、必ず3曲目に設定していた曲で、数々の絶体絶命の局面で、軌跡の逆転勝利を演出してきたという最終兵器的な曲でした。

その曲が使えないだと!?

なんか鷹山のテンション、ストップ安です。



それはさておき、ゲームとしての感想。

今回はアイドルたちと合宿をするという設定。

いや何年合宿してんだよ、この人たち……

もはや合宿じゃなく、ルームシェアしての生活でしかない。

いや、野暮な突っ込みでござった。



リズムゲームとしての側面だが、前回のBlogで紹介した「P4D」に近い感じのシステムで、「P4U」を先にプレイしていたのが、逆に功を奏したと云えなくもありません。

が、思い出アピールやバーストアピールが自分のタイミングで発生させられないというのはいただけない。

云ってしまえば、戦略性がまったくなく、それはすなわちゲーム性が低くなったといえると思います。

まぁリズムゲームが苦手な鷹山としては楽といえば楽なんですが、ちょっと物足りないという気持ちも少なくありません。



まだまだ序盤ですが、いわゆる“ゲーム”という要素はちょっと低くなったように感じました。

ハードの違いから、画像は滅茶苦茶綺麗になりましたので、その辺をプラマイゼロと考えるかどうかは難しいところです。

なんかPドロップなど、前作以上に課金を強要されているような感じですし。

今のところ、ゲームとしては前作の方が面白かったように感じます。

「隣に…」は使えないし。

まぁ今後、DLCで追加される可能性もありますから、それを期待して待つとします。

楽曲にまで課金するのは少々気が引けますが、そこは釣られてやるとしましょう。

まさに「ひとっ走り(課金に)、付き合ってやる!」といったところです。



ま、今日はそんな感じ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSvita「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」 [ゲーム]


七夕です。

と云いつつ、今日は関係ない話題なんですけどね、これがな。

20160707.jpg


思ったより安く販売されていたので、ちょっとした戯れで購入してみたPSvita「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」

まったく期待していなかったゲームだが、プレイしてみると意外や意外、割と面白い。

ストーリーも程ほどに、ただキャラクターが踊るだけのゲームだと思っていたのだが、蓋を開けてみると、意外なほどにちゃんと「P4」していて驚きました。

所謂“紙芝居”なのだが、それでもドラマパートが結構ボリュームで、しかも何よりフルボイス。

ついでに主人公もアニメに右へ倣えでフルボイス。

これは嬉しい大誤算でした。



メインのダンスパートですが、正直リズムゲームはかなり苦手なので、個人的には難しいと感じるのですが、それでもイージーモードなら何とかクリアできるレベルなので、助かっています。

個人的には「アイマスOFA」よりも、プレイヤーのリズム感が必要というか、重要な感じがしました。

故に鷹山には厳しいのですが……



ちなみにクレイジーパックに同梱されているサウンドトラックも、かーなーりいい感じで、非常に良い買い物をいたしました。



しかし、今月末に「アイマス プラチナスターズ」が発売されるというのに、このタイミングでリズムゲームを買ってしまったのは、ちっくと失敗だったかもしれません。

こっちのゲームに下手になれちゃうと、「アイマス」の方に切り替えるのが辛い気がしてきました。

「アイマス」で苦戦しそうです……



ま、今日はこんな感じです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PS4「仮面ライダー バトライドウォー 創生」購入 [ゲーム]

20160306.jpg


「俺にとっての正義?
ま、はっきり云って、スピードだね」


(詩島剛/「仮面ライダードライブ」より)




この「仮面ライダー バトライドウォー 創生」のためにPS4を購入した鷹山です。
そして今日はその感想を少々。



とにかくロードが早い。
かーなーり早い。
前作なんて小説を読み進められるほどのロード時間だった事を考えると、そのスピードたるや、まったくの別ゲームと云っても過言ではないと思う。
それほどまでに早い。
まぁPS3とPS4で、そもそもの土俵が違っているから比べるのもナンセンスなのかもしれないが、本当にロード時間を改善してくれた点は感謝感激である。


プレイアブルキャラクターも大幅増。
個人的にはゼロノスが使えるようになったのが何より嬉しかった。
他にもバロンの究極状態がロードバロンだったり、ジョーカーもちゃんとプレイできる点なんかも踏まえると、もう大満足って奴です。


難易度なんかはちょっと低くなった気はします。
これ、クリアできんの?ってステージもなかったですしね(前作におけるファイナルサバイバルとか)。
鷹山が主に使用しているゼロノスの性能が、かなり“壊れている”というのもあるんでしょうけど、難易度HELLでも割とあっけなかったです。


ストーリーモードはあっさりとクリア。
タイムサバイバルもあっさりとクリア。
現在はトロフィーのコンプリートを目指しつつ、全キャラLVマックスにせんと、コツコツとプレイしている次第であります。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「真三國無双7 Empires」購入 [ゲーム]


「不自由を常と思えば不足なし」
(徳川家康)




141130.jpg




「真三國無双7 Empires」を購入したのですが、これって客に売っていいレベルじゃないですよね、これがな。

このバグの多さは尋常じゃない。

今のところ鷹山の遭遇したバグといえば、所謂フリーズと、戦闘中に途中保存して再開したら、何故か敗北扱いで強制終了になったという2点(後者は再度ロードすれば何故か普通に再開できます)。

ネットで報告されている阿鼻叫喚閲覧注意な様々なバグに比べればマシなのでしょうが、それでもフリーズは割と頻発するので、プレイしていてかなりストレスです。

誰もしないような変なプレイをして発生するフリーズなら兎も角、今までの無双シリーズと同じように普通にプレイしていても発生するのだから、どうプレイすりゃいいのかわかりゃしません。

テストプレイのひとつもしていないとしか思えない有様です。

素人が同人ゲームとして作ったのなら逆に賞賛できる程のレベルだと思いますが、会社組織のプロ集団が作ったと思うと……いや、これ以上は何も云うまい……orz



そんなバグに目を瞑れば――いや、瞑れないけど――ゲームとしては何だかんだと楽しんではいます。

なんか台詞はさっぱり少ないし、淡々と戦闘ばかり繰り返しているだけな気もしますが、エディットで作成したオリジナル武将で無双ゲームをプレイするのは、それだけで中々楽しいですから。

とはいえ、流石に金をドブに捨てたとまでは思っていませんが、正直、このデキであの値段かよ……とは思いますね。

近いうちに修正パッチなどの対策は執られるでしょうが、なんかパッチでどうにかなるレベルじゃない気がするんですよね。

もっと根っこの部分から改善が必要と云うか。

いっそ一度回収して仕切り直して欲しいです。

まぁ回収となっても、これはある種のネタとして、記念に手元に残して置くだろう思いますけどね。

もうこれはこういうゲームなんだと、半ば諦めの境地です。

何はともあれ、修正が入る前に巷で噂の「惇姉」に遭遇してみたいものです。




真・三國無双7 Empires

真・三國無双7 Empires

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

止むを得ず重複購入か? [ゲーム]

140614.jpg


思いのほか、長く楽しめている「アイドルマスター OFA」

正直、「バトライドウォー2」までの繋ぎとして購入したのですが、蓋を開けてみると、「OFA」のプレイ時間の方が圧倒的に長いという結果に。

という訳で、今も飽きずに継続プレイ中で、順調にアイドル全員がトップアイドルになりつつある今日この頃なのですが……





メールがさっぱり届かなくて、非常に寂しいです。





あずささんと貴音のDLCしか購入していないから、届かなくて当たり前なんですけどね。

当初、シリーズ初挑戦で、まだ水の物とも山の物とも判断しかねていたので、とりあえず2名分しか購入しなかったのは正しい判断だったと今でも思いますが、結果的には全員分をパック購入しておけば良かったと、ちょっと後悔。

今からでもパック購入すれば、残り11名分を単品で買うよりは多少お得なんだけど、2名分損するという事には変わりなく。

で、どうせ全員分揃えるなら、いっそゲームそのものを最初からプレイし直さないと、逆に勿体無いし。

悩みどころです。

ま、何だかんだ悩みつつも、結局はセットで購入して、最初から再プレイするんだろうな、鷹山は。



そういえば、すでにあずささんと貴音の分はインストールしてあるが、重複してインストールしても不具合が起きたりしないのだろうか?

まぁ起きたら起きたで、DLCを一度アンインストールして、再インストールするばいいんでしょうけどね、これがな。








と、いう記事を夏に書いたのに、今まで更新していなかった・・・orz

なので今更更新した次第です、これがな。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

高過ぎるハードル [ゲーム]

140614.jpg


現在、全アイドルのIE制覇を目指して、「アイドルマスター OFA」をコツコツプレイ中。

最初の一人さえIE制覇してしまうと、後は割と楽にランクアップできるようになるので、現在、ちょっと作業感を感じております。

今のところ、あずささん、伊織、千早、雪歩、貴音、やよい、亜美の7名がIE制覇(名前順は攻略順)。

残り6名と、やっと道のりを折り返したところですが、コツコツプレイして、トロフィー収集を100%にしたいと思っております。



ちなみに、アップデートで登場したS2・S1の仕事ですが、難易度が高過ぎて、まったく手が出ない。

目標のレベルが段違いで、もうプレイする気にもなりません。

コアなファンにはやり応えがあるのでしょうが、ニワカの鷹山にはハードルが高いというか、もはや棒高飛びのバー位の高さです。

幸いそのS2とS1は、避けても進行に支障はないですし、トロフィー収集にも影響はないようなので、今まで通りにコツコツと進めて行こうと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「仮面ライダー バトライドウォー2」ファイナルサバイバル攻略 [ゲーム]

140710.jpg



普通にヌルゲーだと思ってプレイしていた「仮面ライダー バトライドウォー2」
概ねその通りではあるのですが、思わぬ伏兵が潜んでおりました。



サバイバルの「ファイナルサバイバル」



自身のレベルが1に固定される上に、敵の攻撃力は激高く、難易度はHELLという理不尽極まりないモード。
大袈裟な表現ではなく、普通に一撃死がまかり通るトンデモ仕様。
何度挑戦したことか……
今回は、やっとクリアしたので、そのクリア方法を記載しておこうと思います。
苦戦している人のお役に立てれば幸いです。
なお、プレイするステージは、プレイ時間が短くて済む対シャドウライダー系のステージが良いと思います。



使用キャラ
ディケイド激情体

何はなくても龍騎のストライクベント。これに尽きます。
「ドラグレッターの直接攻撃→放射状に飛ぶ火炎弾×3」で、雑魚戦からボス戦までこれ1つでOKという手軽がよいです。
雑魚はこれで一掃できますので、技を出す位置にさえ気をつければ、特に注意点はありません。
ボス戦も火炎弾がゆっくりと跳ぶせいか、意外と緊急回避され難く、ガードされてもガードブレイクが発生しやすいので、距離を取って連射していれば、多少時間が掛かるかもしれませんが、割と楽に倒す事ができます。
ボスが2体同時に登場する場合でも、ロックオンを状況に合わせて切り替えて対応していれば、問題なく戦えます(何故か2体が一箇所に固ってくれる事も多いです)。
ちなみに同じストライクベントでも、龍騎はチャージが必要になるため、この戦い方には向いていないようです(激情体は一回でフルチャージ版が出せるので)。



アシスト
カブト

L1+△で出せるクロックアップが便利です。
カブトによる攻撃自体は大した事ありませんが、敵の動きがスローになるので、体勢を立て直したりするのに大変便利です。
信頼度を上げなくても、最初から使えるのもグッド。
なお、後述するボスを速攻で倒すのに必要な要素でもあります。



フィギュア
①キバ・エンペラーF
②電王・超クライマックスF
③電王・クライマックスF


攻撃力UP系のスキルのフィギュアに、敵を倒す事で体力を回復させることができるスキルを合わせた形ですが、体力はアイテムで回復できるので、エンペラーの重要度は低いかもしれません(鷹山の場合、何故かアイテムで回復できないというイベントが頻繁に発生していたので、こうしましたが)。
完全に火力に振るなら、①と③をそれぞれクウガ・アルティメットFとン・ダグバ・ゼバに代えると良いかもしれません。



戦い方

戦い方と云っても、先に書いた通り、ザックリ云ってしまうとストライクベントの連射です。
射撃系の敵が相手の場合は、先に攻撃を受けてしまう場合がありますので、ちょっと簡単にはいきませんが、慣れてしまえばそれほど脅威ではないと思います。2体同時に戦う場合は、射撃系の敵を優先して倒しましょう。

割とどの相手にも優位に戦える戦法ではありますが、唯一バッドファンガイアとの相性は激悪です。
赤い球体になると、こちらの攻撃を受け付けなくなるので、その場に留まったまま攻撃するストライクベントでは、回避のしようがないのです。
なので、ステージ選択でバットファンガイアが出現しないステージを選ぶようにしましょう。



速攻での戦い方

遠距離からチマチマと戦うのが面倒な方は、こちらの戦い方をお勧めします。
手順としては「ストライクベント→アシストのクロックアップ→敵のゼロ距離までダッシュ→密着状態から再度ストライクベント」という、割と簡単な方法です。
最初のストライクベントで相手のガードを誘発しその場に留まらせ、クロックアップ中にダッシュでスロー状態の敵に近づく→ストライクベントで召還するドラグレッターでガードブレイク(+攻撃)→火炎弾×3を全段叩き込むという力技。
最初のストライクベントは省略しても構いませんし、クロックアップを究極状態で代用してもいいかもしれません(後者は試していませんが)。
敵との距離や壁際かどうかなどの状況にもよるようですが、最低でも体力の3割くらい、上手く行けば一撃で倒せたりします。
検証したわけではありませんが、普通に当てるより、ガードブレイクした時の方がダメージが大きい気がします。
コツとしては、相手との距離が大きく離れている時、具体的に云うとカブトのクロックアップの攻撃範囲外に敵がいる距離から仕掛けるといいでしょう(クロックアップの攻撃が当たってしまうと、カブトの攻撃で敵が吹き飛ばされてしまい、肝心のストライクベントがキッチリ当て難いからです)。ちなみにストライクベントの火炎弾が当たるか当たらないか位の距離だと、クロックアップの攻撃も当たらないようです。
一撃で倒しきれなかった場合は、相手が立ち上がる前に距離を取って同じ攻撃を繰り返すか、逆に一気に間合いを詰め、起き上がりに合わせて再度ストライクベントを出して畳み掛けるなど、状況や好みに合わせて立ち回ってみてください。
まぁ長々と書きましたが、要は如何にしてストライクベントの攻撃を全弾ヒットさせるか、なのです。
但し。
この攻撃を外した場合は非常に危険です。
ストライクベントは硬直が長く、ライダーキャンセルも付加なので、敵の至近距離で無防備な状態になるのです。
ファイナルサバイバルにおいて、その状況がどれほど絶望的なのかは、実際にプレイしているだろう諸兄には語る必要はないでしょう。



ちょっと長文になり、読み難いかもしれませんが、こんな感じです。
具体的な検証などした訳ではないので、必ずしも上手くいくとは限りませんし、ある程度の慣れは必要だと思いますが、不器用な鷹山でも割と楽にクリアできた戦い方なので、試してみる価値はあると思います。
皆さんの参考になれば幸いです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PS3「仮面ライダー バトライドウォー2」 [ゲーム]

IMG_0003.jpg



「仮面ライダー バトライドウォー2」をコツコツとプレイ中。



しかし、なんというロード時間の長さだ……

ロードの待ち時間で、普通に本が読めてしまうというのは驚きである。

これだけで、微妙にプレイ意欲が削がれてしまうんですよね、これがな。

まぁそれでもプレイしていますが。



基本的に前作とあまり変わらないゲームですね。

同じようなステージの繰り返しだし、敵キャラも代わり映えなし。

プレイアブルキャラクターも、最新作の鎧武シリーズが追加されただけで、それ以外にはなし(ゼロノスとかカイザとか追加して欲しかった……)。

既存のキャラクターが少しマイナーチェンジして、技が少し増えたり変更されたりしていますが、大きな変更はないし。

純粋にゲームとして評価したら、相当な地雷ですね、これは。

けどまぁ、それはそれとして、基本的にライダー好きなら楽しめるゲームではあると思います。

買って損したという事はありませんが、全体的にもう少し何とかして欲しいな、という思いはあります。

まぁいずれにせよ、完全にライダーファン向けに作られたゲームですね。



余談ですが。

長い長いロード時間を利用して、腕立てや腹筋を小まめに実行してみると、これが何気に捗ります。



仮面ライダー バトライド・ウォーII プレミアムTV&MOVIEサウンドエディション

仮面ライダー バトライド・ウォーII プレミアムTV&MOVIEサウンドエディション

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

PS3「アイドルマスター ONE FOR ALL」 [ゲーム]

140614.jpg




「アイドルマスター ONE FOR ALL」



コアなファンが多い人気ゲームという事で、割とこのシリーズは気にはなっていたので、後日発売される「仮面ライダー バトライドウォー2」までの繋ぎとして、購入してみました。

以前「2」の購入を検討した事もあったんですが、下調べの段階で一部のアイドルをプロデュースできないと知り、その時は断念。

そういえば、発売に際してファンの人達の間でひと騒動起きていたなぁと思い出したりして。

で、今回は晴れて全キャラクターのプロデュースが可能という事で購入に踏み切りました。

さて、プレイしての感想ですが、時間を忘れてプレイするほどではないものの、毎日コツコツとプレイしたくなる、そんなゲームという印象。

シリーズ初挑戦なので、既発のシリーズタイトルとの比較はできませんが、これはコアなファンが多いというのも納得のゲームでした。

パラメーターを伸ばすだけの育成シュミレーションゲームかと思っていましたが、リズムゲームの面も多く、リズム感が皆無な鷹山はちょっと難儀しております。

まだまだ序盤ですが、意外にも長く遊べそうな感じで、これは結構いい買い物をしたと思います。




アイドルマスター ワンフォーオール

アイドルマスター ワンフォーオール

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム